MENU

活動紹介

水元ネイチャープロジェクトの水元公園・水辺のさと(旧水産試験場跡地)を中心とした活動は、水産試験場の閉鎖が都議会で決定した1995年(平成7年)から始まりました。

以降、水元ネイチャープロジェクトでは水元公園・水辺のさとでの観察会や保全活動を継続するだけでなく、環境省や農林水産省の認可を受けた特定外来生物の防除・飼育展示や、水元公園さくら堤への「水元公園循環バス」試験的導入など様々な取り組みを行ってきました。

事業内容

調査研究事業

水元公園内にある水辺のさとは高度な環境学習として利用できるフィールドであり、少なくなりつつある貴重な生物を増やす役割を担っています。

水元ネイチャープロジェクトでは毎月1回から数回程度、水辺のさとの環境保全を行っています。内容としては、同じ植物が繁茂するのを抑制するため草刈りによる除草や、樹木の伐採、希少種のマーキング、在来の植物を育成するための耕運・移植などを行います。

また、環境省及び農林水産省から特定外来生物防除の認証を受け、外来種駆除活動を行っています。

自然観察調査では、公園内の動植物の観察調査だけでなく、保全作業や駆除活動を行った場所の環境の変化や動植物の復元状態などの確認と記録をとっています。

教育事業

水元ネイチャープロジェクトには自然環境や生物について専門知識をもつ人材が集まっています。とくに水元公園・水辺のさとに長年かかわっていることから、地元の小学校や団体の依頼を受けて環境保全や生物多様性、水産試験場の歴史や水辺のさとのコンセプトについて説明をする講師を務めています。

親子で参加できる「セミの羽化観察会」や「昆虫標本作り」などはとくに人気があり、昆虫標本作りでは標本を作成する意義も含めて本格的な作り方を次世代の人たちへ教えていくことも、使命の一つと考えています。

普及啓発事業

水元ネイチャープロジェクトでは各イベントにおいて、おもに葛飾区内に生息する在来生物や外来生物(とくに特定外来生物)の飼育展示を行い、実際に見て触れてもらうことで外来生物問題や生物多様性に関心をもってもらえるよう取り組んでいます。

ほかにも、水元ネイチャープロジェクトのロゴに使用している天然記念物「オニバス」について多くの人に知っていただくため、1995年(平成7年)から毎年、オニバス開花当て予想クイズを開催しています。

活動実績

  • 平成29年度葛飾協働まちづくり
    平成29年度葛飾協働まちづくり
    日頃から葛飾区内において自然環境の普及啓発を行ってまいりましたが、このたび葛飾区から「葛飾協働まちづくり表彰」を頂きました。これからも地道に活動を続けてまいります。
  • オニバス開花当て予想クイズ並びにオニバスガイドボランティア
    オニバス開花当て予想クイズ並びにオニバスガイドボランティア
    東京都の天然記念物であるオニバス。その不思議な生態を多くの人に知っていただくために、毎年オニバス開花当て予想クイズとオニバスガイドを実施しています。
  • ボランティアセンター環境講座
    ボランティアセンター環境講座
    「楽しくボランティアを行い、社会に貢献する」というコンセプトで小中学生に外来種駆除のボランティア講座を行い、2004年~2017年の間に21回開催しました。この講座がきっかけで水元ネイチャープロジェクトに入会された方もいます。
  • 生物の展示
    生物の展示
    「サイエンスアゴラ」「かつしか環境・緑化フェア」「中川に親しむ集い」「新中川で遊ぶ」など各イベントにて、特定外来生物と在来生物の展示や、昆虫標本の展示などを行っています。
  • 区内の生物調査および保全提案
    区内の生物調査および保全提案
    「綾瀬川生きもの調査」や「水元さくら堤の調査及び希少植物の保護提案」など、葛飾区と協力して区内の生物調査および希少生物の保護提案を行いました。
  • 親子自然観察会の講師
    親子自然観察会の講師
    葛飾区主催の「昆虫採取と標本つくり」「セミの羽化観察」など、親子向けの環境学習イベントで講師を担当しました。
  • 五箇先生によるヒアリ講演会
    五箇先生によるヒアリ講演会
    国立環境研究所の五箇先生をお招きして、ヒアリの講演会を東京理科大学で行いました。
  • 新潟県五泉市への引率
    新潟県五泉市への引率
    新潟県五泉市に区内の小学生を引率し、自然環境の違いについて解説しました。葛飾区は新潟県五泉市と、環境対策の推進をはじめとするさまざまな分野で連携・協力するための「葛飾区と五泉市との連携・協力に関する協定書」を締結しています。
  • かつしか子ども祭り釣り大会
    かつしか子ども祭り釣り大会
    毎年4月に葛飾区の子どもたちのお祭りがあり、水元公園の小合溜で開催される釣り大会に協力しました。釣り上げられた生物の解説も行いました。
  • かつしかっ子探検隊
    かつしかっ子探検隊
    区内に住む小学生と保護者80名ほどが参加した「かつしかっ子探検隊」の講師を担当しました。冬の観察会や木製ブローチの制作など色々な活動を行いました。
  • 自然環境レポーター
    自然環境レポーター
    葛飾区内で自然環境レポーターとして活動して頂いている方々を対象とした、曳舟川親水公園での研修会で講師を行いました。
  • かつしか自然と環境の教室
    かつしか自然と環境の教室
    自然観察や体験活動を行いながら、普段見過ごしていた動植物の生態系にふれ、自然環境を汚さない方法を考え、指導を行いました。
  • 大自然塾
    大自然塾
    東京都主催の都内公園内のイベントで、水元公園内で行われた自然観察会の講師を担当しました。
  • ミズヒマワリ(特定外来生物)の除去
    ミズヒマワリ(特定外来生物)の除去
    坂川に繁茂していた特定外来生物のミズヒマワリの除去を国土交通省に提言し、除去しました。
  • 水元公園一日限定循環バス運行
    水元公園一日限定循環バス運行
    水元公園へはJR金町駅から京成バスに乗って行くことができますが、より足を運びやすくするため試験的に年一回、公園沿いを走る循環バスを運行し、訪れる方々に喜ばれました。これがきっかけとなり、現在は3月から11月の土日祝に金町駅発着で循環バスが運行されています。